食あたりになったときの治し方を知る

食あたりになると、脱水症状を起こしやすくなります。
そのため水分補給を欠かさないようにしなければなりません。
良い治し方は、水分を少しずつ何回もこまめにとることです。
白湯やお茶が良いとされています。
反対に避けたほうがよいのは、刺激の強い果汁や炭酸飲料です。
症状がよくなるまでのまないかように注意しましょう。
食事も症状がおもいときは避けたほうが良さそうです。
少し回復してきたらおもゆなどから普通食に戻すようにしましょう。
食あたりになると体力を消耗してしまうことも多いので、全身をあたためて安静にしていることが大切です。
無理な行動は避けるようにしましょう。
食あたりにならないためにも、普段から抵抗力をつけておくことも大切になります。
ヨーグルトには腸内環境をととのえてくれる働きがあり、腸内にすむ善玉菌であるビフィズス菌を増やす働きがあります。
毎日の食事のなかに積極的に取り入れていくと良いでしょう。
オリゴ糖を含むバナナを加えるのも良いでしょう。